iphoneの便利な使い方集

iphoneの画面をパソコンに映すには

iphoneは手のひらに収まるサイズでありながら電話やメール、インターネット、アプリなど様々な用途に使えることが大きなメリットです。
しかし、画面の小ささがデメリットになることがあり、撮影した写真や映像を複数人で見たい場合は不便さがあります。
加えて、ゲームアプリのプレイ画面を録画したい場合などはiphoneの画面をパソコンに映すことが出来れば非常に便利です。
映す方法の手順はこれです。

 

簡単な方法として挙げられるのは、iphoneのLightning端子をHDMI端子に変換してパソコンのディスプレイに接続することです。
そうすれば特別な設定を行うことなくiphoneの画面をパソコンに映すことが可能ですが、正確にはディスプレイに映しているだけであってパソコンに映しているわけではありません。
写真や動画を見るだけなら問題ありませんが、iphoneに対してパソコンから何らかの操作をすることが出来ません。

 

厳密な意味でiphoneの画面をパソコンに映す方法は二通りあります。
その一つがアプリを使う方法で、パソコンとiphoneを接続するための専用アプリがリリースされています。
使い勝手はアプリによって異なりますが、基本的な方法はアプリをiphoneにインストールしてUSBでパソコンと接続するというものです。
iphoneの画面がパソコンを通じて表示されるようになり、ファイル操作や画面の録画などを行えます。

 

もう一つの方法がキャプチャーボードを利用する方法です。
パソコンにキャプチャーボードを接続し、そのキャプチャーボードとiphoneをさらに接続するという手順でiphoneの画面をテレビに映し出すことが可能になります。
とはいえ、この方法はキャプチャーボードという専用のハードウェアが必要になることに加えて画面の遅延などが発生することがあるためハードルが高い方法です。

 

ゲームアプリの動画を録画したいという用途には向いています。