iphoneの画像をパソコンに映すには

iphoneの画像をパソコンに映すには

iphoneに表示されている画像は、iphoneのAirPlay機能とミラーリング用のアプリを使うことで実現します。
無料のミラーリングツールには、LonelyScreenなどがあります。
Windowsパソコンに映す方法の手順はこれです。

 

 

最初にパソコンで、Windows用のLonelyScreenをダウンロードし、インストールしておきます。
インストールの際には、LonelyScreenによる通信を許可するようファイアーウォールを設定します。
インストール完了後、パソコン上でLonelyScreenを起動した状態で、
iphoneの画面を下部から上部へとスワイプし、コントロールセンターを表示します。
コントロールセンターに表示されるAirPlayをタップし、LonelyScreenを選択、ミラーリングのチェックボックスをONに設定することで、パソコンの画面上にiphoneの画面が表示されます。
画面を表示できない場合は、いくつかの原因が考えられます。

 

例えば、iphoneとパソコンが同一のネットワーク上に接続されていない場合は、コントロールセンターにAirPlayが表示されず、AirPlay機能を使うことができません。

 

家庭内であれば、ルーターを介して同一のLANに接続することになりますが、ルーターを2台以上使用していたり、
どちらかがアクセスポイントを経由し設定にミスがある場合には、お互いを認識できなくなるため、正しい設定で同じネットワークに接続する必要があります。

 

また、セキュリティを強固に設定している場合は、一部のプロトコルが無効となっているために、外部から見えなくなることがあります。
この場合は、接続に使用しているプロトコルに合わせて、該当するプロトコルをパソコン側で有効にします。
AirPlay機能、LonelyScreen共に表示されているにも関わらず、パソコンに画面が表示されない場合は、所持しているiphoneのiOSがLonelyScreenに対応していない可能性があります。

 

この場合は、LonelyScreenとiOSの組み合わせを考慮し、いずれかのバージョンを合わせます。